加齢臭のニオイは洗濯で落ちるのか?

加齢臭を落とす洗濯方法

ご主人の枕カバーやシャツの臭いがなかなか落ちずにお悩みの方いませんか?
私の主人も、少し前から加齢臭が気になりだして、
特に枕カバーにこびりついた臭いが、普通に選択してもなかなか取れずに困っていました。
加齢臭はなぜ普通の洗濯では落ちないのでしょうか。

加齢臭とは、普通の体臭とは違います。
体臭は、肌の雑菌が汗を分解することで臭うので、汗をかかなければ臭いません。
そして水溶性の汚れなので、普通に洗濯することで落とすことができます。
しかし、加齢臭の成分は皮脂汚れですのでなかなか落ちにくいのです。

加齢臭の洗濯で一番気を付けることは、水温です。
通常洗濯をする時、水道水を使用すると思いますが、
ご存知の通り、油は温度が低いと粘度が高くなりますので、それでは油汚れは浮きあがりません。
洗濯で使う水をお湯にすることはなかなか難しいですが、
加齢臭の気になる衣類を、お湯に一時間程度つけおきして油汚れを浮かせておいてから、
普通の洗濯物と一緒に洗うと、比較的臭いが落ちやすいです。

また、加齢臭に限らず、汚れは放置すればするほど落ちにくくなります。
洗濯物は溜めこまずに、毎日洗うようにしましょう。

加齢臭に効果的な洗剤

加齢臭の原因になる成分は皮脂です。
これが酸化するために臭いがは発生しますので、加齢臭は酸性です。
というわけで、アルカリ性の洗剤を使うことで、油汚れを中和し加齢臭の臭いを落とすことができます。
市販の洗濯洗剤は中性か弱アルカリ性のどちらかですので、表示を確認して弱アルカリ性の洗剤を選びましょう。
頑固な臭いには、酵素系の漂白剤や掃除でおなじみのセスキ炭酸ソーダなどでつけおきすることで、更に効果が期待できます。

また、液体洗剤よりも粉末洗剤のほうが洗浄力が高いことはご存知ですか?
油汚れはアルカリ性が強い洗剤ほど落ちますが、液体洗剤やジェルボールでは、
水に入れると中性になってしまい、洗浄力が落ちてしまうのです。
しかし、粉末洗剤は冬場などは水に溶けにくい場合がありますので、
水やお湯に溶かしてから使用するとよいでしょう。

ここで、私が実際に使用してみておススメする洗剤をいくつかご紹介します。

アリエール 粉末 サイエンスプラス7

一番進化したアリエールは、様々な種類の汚れに効果があり、
除菌やウィルス除去、洗濯槽の防カビ効果まで期待できる、オールマイティな洗剤です。
実際に使ってみて、本当に汚れや臭いがスッキリ落ちる感じがしました。
いつも、液体の漂白剤をしようしていたのですが、これ一本で汚れが落ちている気がします。

アタック 高浸透リセットパワー(粉末)

アタックリセットパワーは、ワイドハイター EXパワーと共同開発の除菌・消臭成分配合で、頑固な汚れに強いです。
この洗剤は、部活から帰ってきた子供の汗の臭いに悩んでいたママ友に教えてもらって使ってみたのですが、
汚れ落ちはもちろんですが、一番消臭効果が高いと思いました。
また、漂白剤と柔軟剤が入っていますので、柔軟剤を追加しなくても柔らかい仕上がりです。

オキシクリーン

粉末タイプの酸素系漂白剤で、コストコ利用者には万能洗剤として有名ですよね。
最近では、スーパーやドラッグストアでも小型のサイズを見かけるようになりました。
衣類だけでなく、洗濯槽のカビ汚れやキッチン周りの油汚れや食器の茶渋、家具や壁に付着した手あか汚れ
とにかくこれさえあれば、家中の汚れがキレイになってしまう優秀な洗剤です。
洗濯に使う時の使用方法は、40~60度のお湯に溶かして一時間程度つけおきし、
洗濯用洗剤と一緒に洗濯機で洗うだけです。
水で使用する場合は、少量のお湯で溶かしてから水と混ぜればOK。
汚れも臭いもスッキリします。

ウタマロ石鹸

緑色の固形石鹸で、頑固な汚れに刷り込んでもみ洗いする、部分洗い専用の石鹸です。
泥汚れやケチャップなどの食べこぼし、皮脂汚れの黄ばみなど、特に気になった部分に使っているんですが、
これをワイシャツの襟部分に使うと汚れだけでなく、臭いもすっきり取れます。
そして、なによりうれしいのは、高コスパなこと。
普通の手洗い石鹸よりも少し固めの石鹸なので、毎日使ってもなかなか減らないですし、
ネットでも300円程度で買えますが、ドラッグストアなどの特売で100円程度でゲットできるときもあるので、
ホントに助かります。

洗濯しても加齢臭が落ちない原因

洗い方や洗剤を変えても、なかなか加齢臭が落ちないという人、
洗濯にお風呂の残り湯を使っていませんか。

お風呂の水を捨てるのがもったいないと、残り湯を使う人は多いと思います。
また、お風呂のお湯が温かいので、それを使えば油汚れも落ちると考える人もいるかもしれませんが、
はっきり言って、あまりお勧めしません。

おふろの残り湯には、肌に付着していたいろいろな種類の汚れが混ざっています。
このようなお湯を使って洗濯すると、残り湯に含まれている汚れや、
入浴剤を入れている場合には、その成分が衣服に付着し、
生地を傷めたり、汚れや臭いの原因になることがあるのです。
しかも、最近の洗剤は「すすぎ一回でOK」と謳われているものも多いですよね。
一回のすすぎで洗剤は落とせるかもしれませんが、汚れが十分に落ちない可能性があります。

エコではありませんので、気が進まない人もいるかもしれませんが、
大切な衣類の汚れをちゃんと落としたいのなら、洗濯に残り湯を使うことはやめましょう。